DIYのメンズ用おしゃれエプロンで誰でもそれっぽくなる方法!(女子も)

エプロン




どうも!みなさんDIYはしていますか?

DIYをやっていて一番思うのが「汚れ」だと思うんですよね。DIYはペンキを塗ったり木材をカットするため汚れはつきものです。DIYをするうえでエプロンはとても大事なアイテムだと思います。

ペンキで色をつけたりするとなると、間違いなく衣服についてしまってお気に入りの服が台無しに・・なんてこともあります。

今回紹介するのはオススメなDIY用のエプロンをご紹介します!エプロンがあれば汚れから守られるのと、形から入ることもできるのでDIYの作業のやる気も出ますし、汚れを気にせずどんどん作業が捗ることと思います。それでは紹介していきます!

きゅん
僕も経験があるのですが、ペンキがつくともうほとんど落ちないので、DIYはエプロンが必須になってきます。

 

DIYにおすすめのエプロンについて

DIYのエプロンについて

「エプロンっているのか?そもそもエプロンてダサくないか?」と思う方もいると思いますがそんなことはありません。最近ではDIYも流行っておりいろいろな種類のエプロンがあります。まずはエプロンのメリット・デメリットをご紹介します!

 

DIYにおけるエプロンのいいところ

まずは自分の衣服の汚れを守ってくれることが大きいと思います。DIYはペンキをつかったりノコギリや刃物をつかい作業します。間違えて洋服を切ってしまうこともごく稀にあります。そんな時のためにエプロンは必要になるでしょう。

あと形から入ることも大きいです。エプロンをすることで気持ちも切り替わります汚しても大丈夫なんだ。と心理状態にもなるので作業も気を使うことなくスムーズに進められることができます。

カフェの店員さんのようなデニムのエプロンなんかオススメですね。僕も今はデニムのエプロンを使用しています。ペンキやオイルが飛散した時に守ってくれるのでとてもありがたいです。

 

ホームセンターでも安く入手できる

ホームセンターでも最近ではいろいろな道具が売っていますが、エプロンも売っています。キッチン用ではなくDIY用で、価格も安く、生地もデニム柄で安っぽくなくおしゃれなものもあります。

デニム柄はペンキで汚れていくと味が出てすごくかっこよくなっていくのでおすすめですよー!

 

エプロンはお手入れが楽

DIYは汚れることが前提です。エプロンをつけることで汚れは回避できますが、エプロンであればお手入れも楽々です。つなぎや作業着もありますが、丸々洗濯となると大きいため処理が大変ですがエプロンであれば薄く軽いのですぐに洗濯ができます。

DIY用のおしゃれエプロンを紹介

ここからDIY用のエプロンを紹介していこうと思います。ただエプロンはなんでもいいのですが、せっかくDIYをするのであれば、形からはいることをオススメします。

今ではカッコい、可愛いエプロンがあるので一部ご紹介をしていこうと思います。

 

個人的に思うこと

何事にもはじめるにはまずはエプロンからだと思います。格好から入れば作業もずいぶん捗ると思うんですよね!まずは初心者はエプロンから入り、そこからDIYの自信がついてきたらつなぎや作業着を買っていっていいかなと思います。

つなぎやエプロンの場合は自分でペイントしておしゃれにしてもいいかもしれません。
まずは見た目から入ってDIYライフを楽しみましょうー!