確定申告初心者にはfreeeがおすすめ!導入方法を教えます(ショート版)

freee導入




そろそろ確定申告の時期が近づいてきますね。

フリーランスの皆さんは確定申告の準備はしていますか?これからフリーランスをはじめようと思っている方で一番気になっているのは「確定申告」だったりすると思います。最初は誰でも気になりますよね。freeeがめちゃめちゃ便利なのでさらっと使い方を紹介しようと思います。

 

 

プランを選択する

freeeにはプランが3つあります。

プラン一覧

スターター

スタンダード

プレミアム

 

それぞれの長所、短所をまとめてみます。

スターター

980円 / 月(税抜)
9,800 / 年(税抜)

まず確定申告をしたい方におすすめ。フリーランスってなに?確定申告便利になるんだよね?って人はこのプランがおすすめです。

ある程度の事はこのプランで事足ります。使い方わからないよーーーー!なんて人はfreeeに問い合わせて確認もできます。問い合わせ方法は「メール/チャット」になります。親身になって教えてくれるので初心者でも安心ですね。

レシートや領収書の画像保存が月に5枚までとなっています。しかし、やはり領収書関係は紙で保存しておいた方がいいよ!と僕は強くおすすめします。

 

スタンダード

1,980円 / 月(税抜)
19,800 / 年(税抜)

スターターより便利になっているプランですね。消費税にも対応しているので年収1000万の方にはオススメなのではないかと思います。従業員の追加も行うことができるのもポイント。

レシートや領収書の画像保存が無制限になっています。あと、売掛・買掛レポートや資金繰りレポートなどより法人向きなプランになっているのが印象的です。

「メール/チャット」での問い合わせが優先的に受けてもらえるメリットもあります。個人的にはそこまで遅さは感じないので特に気にはしていないです。

 

プレミアム

年額払いのみ
39,800円 (税抜)

プレミアムです。スタンダードでできる事はもちろんのこと、仮締め、経費精算などより、企業向きなプランになっていると思います。

電話やチャットはもちろんのこと、電話でサポート対応が受けられのも特徴的です。

 

 

freeeに銀行口座とクレジットカードを登録

事業で使用する情報をfreeeに登録します。前の記事でも書きましたが、事業用の口座とクレジットカードは必ず登録しておきましょう。口座の情報とクレジットカードの情報を入力していけば問題ありません。その部分もさくさく進めるようになっています。

「開始残高」も大事な設定ですが、ここはざっくりでいいです。財布に入っているお金、でも構いません

ここで開始残高の部分が丁寧に触れているので参考にするといいでしょう。最初はこの部分で躓くと思います。

全自動クラウド会計ソフトfreee(フリー)の開始残高に設定する金額ついて教えてもらった件 | 升メディア-クラウド税理士廣升のオウンドメディア

 

 

あとはfreeeに収支登録していく

事業用の口座に日々の収支を登録していきましょう。自分で帳簿をつけていくとなると自分で登録をしていかなければなりません。

仕入〇〇円,買掛金〇〇円

みたいな感じにですかね!これは正直簿記を勉強しないと全てを理解は難しいでしょう。僕は簿記の知識があるのでその辺はなんとかついていけますが、

 

めんどくさい!!

 

そう、自分で経理をしていると自分の仕事をしたいというのが本音だと思います。

freeeのいいところは全て自動で経理を行ってくれるところにあると思います。

あらかじめ登録しておくと、日々の収支の流れから「〇〇さんから現金で〇〇円売上」といったように登録をしてくれます。
これが非常に便利なのですよね。貸借対照表で見るより、見やすい表示で可視化することでお金の流れがすぐにわかるし管理もしやすいのです。

登録ができたら最後に同期をするだけ。これだけで帳簿付けは終わりです。ITフリーランスの方ならすぐに終わってしまう作業となります。

 

 

個人的に思うコト

人間って1日で選択肢を約70回おこなっているといわれています(間違ってたらごめんなさい)選択をしていく中で人間は集中力を大量に消費していきます。集中力を欠くと大事な場面で集中力を発揮できません。

集中力を持続するには日々の行動をワークフローとしてしまい、選択することを無くしていった方がいいようです。今回でいう帳簿付けで集中力を消費したら業務に支障がでるかもしれません。それではいい仕事はできませんね。

freeeでは帳簿付けを自動化して「時間」と「集中力」を圧縮できるとても便利なツールです。確定申告前にまだ間に合うと思います。ぜひfreeeを使ってみてはいかがでしょう?