現役フリーランスが教えるエンジニアが安定して仕事を取れる方法をご紹介!

フリーランスのエンジニアが安定して仕事を取れる方法をご紹介!




どうも、きゅんです(@kyun_anothecas)

確定申告のシーズン真っ只中ですね。皆さんはしっかり確定申告できていますか?僕は少しばたついています・・。
今日の記事はフリーランスの仕事の取り方を伝授しようと思います!

フリーランスにとって仕事を取ることはとても大切なことだと思います。これからフリーランスで活動したいがどうやって仕事をとっていいのかわからない方はぜひ参考にしていただけたらと思います。個人的な体験談も交えているので信ぴょう性はあるかと思います!

きゅん
あくまでエンジニアなフリーランスの内容なので、デザイナーさんはまた違ってくるかもしれません。その点ご了承くださいー

 

 

フリーランスは受動的だと仕事はもらえない

これは当たり前なことかもしれませんが、自分がフリーランスだということを知ってもらわなければなりません。
今ではSNSや自分のポートフォリを作成して公開するという手段があります。

まずポートフォリオは何を作ったらいいのか?という問題もありますので紹介します。

 

ポートフォリオで技術や個性をアピール

まずお客さんが重視するのはその人の技術だと思います。参考にするものがなければ、その人の技術力がわからず仕事を依頼しようとは思いません。ポートフォリオを作成することによってその人の技術力を確認することができます。

なので、まずは自分で作品を作って公開できるようにしましょう。

HTML/CSSのコーディング初心者のためのおすすめの勉強方法を教えます

上記の記事でも書いていますが、自分の好きなwebサイトを模写して公開するのもいいかもしれません。お客さんはあなたの技術力が見たいので作品が多いければ多いほどいいと思います!

 

 

ポートフォリオサイトを公開したらSNSで発信してみる

自分のポートフォリオが完成したら自身のSNSで発信をしてみましょう。

最近の企業の採用方法もSNSからなんていう会社もあります。そんなので見られるわけない・・と思う方もいるかもしれませんが、まずは手軽に自分を知ってもらえるSNSを活用してみましょう!

 

 

クラウドソーシングで仕事を探してみる

ランサーズクラウドワークスなどを活用するのもおすすめです!
ただ、最初の方は実績がないと中々案件が取れない・・という方もいますが、そんなことはありません。
クラウドソーシング未経験の方もある方法を行ったことによって、案件がたくさんとれた。なんて人もいます。そのある方法を次で紹介していきます。

 

クラウドソーシングはプロフィールをしっかりと固める

実績を山ほど公開するよりこれが一番手っ取り早いかと思います。
ネットで個人情報を晒すことは勇気がいることだと思いますが、仕事を依頼する側もどんな人間か明確にわかるので出来るだけ情報をが多いといいと思います。

ランサーズでは顔写真を公開するとランキングが上になる。という仕様になっているみたいですが、それもちょっと・・という人はイラストなんかでもいいのではないかと思います。

自分の経歴と性格、仕事が対応可能な時間などを細かく伝えていれば、仕事は取れていくと思いますよー

 

 

フリーランス特化型のエージェントに相談してみる

それでも仕事がとれない・・・!という人はフリーランス特化型のエージェントに依頼するといいかもしれません。

大きいところではレバテックは大手ですし案件もすぐに見つかると思います。

未経験での方の案件もありますが、単価は下がってしまいますが、そこは営業の方と相談して見つけていただけるのではないでしょうか?

 

 

個人的に思うこと

フリーランスになろうと思う方や駆け出しの方は案件が中々取れないと思います。僕が個人的にオススメしたいやり方としては、、

まずはポートフォリオで作品を固めて、クラウドソーシングのプロフィールを固める。ここはマストです。ポートフォリオも自分はデザイナー寄りなのか、エンジニア寄りなのかを明確にする必要があります。

デザイナー寄りであれば本当に動きのあるものやデザイン性があるものを、エンジニア寄りであれば最新の技術を取り入れたポートフォリオを作成してください。

クラウドソーシングで仕事を見つけたら丁寧に仕事をすること!そうしていくとどんどん紹介で繋がりができて仕事が増えていくことがあります。

余談ですが、クラウドソーシングでの仕事は単価が低いこともあるのでそれ一本にしてしまうのはオススメしません。

これからフリーランスで頑張っていこうという方はぜひ参考にしてみてください!