インフルエンザが大流行!体験談を基に予防と対策を伝授します。

インフルエンザが大流行!体験談を基に予防と対策を伝授します。




あけましておめでとうございます。きゅん(https://twitter.com/kyun_anothercas)です

ブログの更新が大幅に遅れてしまってごめんなさい。正月はハワイに行ってました。嘘です。ごめんなさい。

実はインフルエンザにかかってしまい、正月は寝正月でした・・・。
久しぶりにインフルエンザにかかってしまったのですが、 辛い ですね。

熱も38.5℃以上になり関節も痛くなり、、ととんでもない地獄を味わいました。

インフルエンザが最近になって大流行してきており、僕自身もインフルエンザにかかってしまい、その時の体験談と治療方法と予防方法をご紹介したいと思います。
インフルエンザにかからないように健康な体を目指しましょう!

東京都からも注意報が出ているほどですね・・
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/01/08/04.html

 

インフルエンザとは

 

インフルエンザ

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスに感染して起こる感染症です。インフルエンザウイルスには A型、B型、C型があり、ヒトに流行を起こすのはA型とB型です。A型はヒト以外にもブタ、ウマなどの哺乳類やカモ、ニワトリなどの鳥類などに感染します。一方、B型の流行が確認されているのはヒトだけです。A型インフルエンザウイルスの大きさは80~120nm(1nmは1mmの100万分の1)で、ウイルス表面からタンパク質がスパイクのように突き出ています。

引用:シオノギ製薬

 

シオノギさんから引用させていただきました。とんでもなく恐ろしいですね・・

インフルエンザの症状

インフルエンザは咳や、喉の痛みはもちろん、高熱や倦怠感、食欲不振など症状が強く、頭痛や関節痛の症状も起きます。
厄介なのが、合併症(気管支炎、肺炎、中耳炎)になってしまうこともあるらしく急性脳症(インフルエンザ脳症)にも罹ってしまうことも・・・
インフルエンザかな?と思ったら急いで病院にいくことをお勧めいたします。

まとめるとこのような症状が出たら急いでインフルエンザに行きましょう

・急激に発熱する。しかも高熱(38℃以上の高熱)
・全身や関節などに痛みを感じる
・咳などがよく出る
・目の周りが熱くなる(僕の場合ですが)

上記を感じたら急いで病院に行きましょう!

 

インフルエンザにかかってしまったら

インフルエンザにかかったら

かかってしまったらなるべく早く病院に行きましょう。これはとても大事なことです。あと、住んでいる家で家族がいたりパートナーがいる場合は部屋を分けて隔離することも大切です。
家族内で感染し合うということを防ぐためです。家族でインフルエンザになってしまったら看病する人がいなくなってしまいますのでこれも大事なことです。

 

きゅんの場合

で、僕の体験談です!辛かったですのでぜひ聞いてください笑

インフルエンザにかかるまで

最初は喉がイガイガするな・・乾燥してるからかな?という初期症状の段階でした。この段階ではまだ風邪なのでは?とおもっていました。これが1日目ですね。
この時は何も症状を疑いませんでした。

二日目から熱が出てきたのですが、僕の平熱が36℃いかないくらいでその時は7.5℃くらいになっていました。久しぶりに風邪をひいたなぁ・・と思っていてこの時も栄養ドリンクを飲むくらいでした。。予兆はここで終わりで本題になります。

翌日は朝から体がだるくやる気も起きなくなっていました。これは大人しく寝ていた方がいいぞということで家で寝ていましたがどんどん熱が上がり38℃以上になっていました。

ひどい風邪だなと思ったのですが、インフルエンザじゃないか?と思い病院に向かいました。
日曜日なのですが病院は開いていてインフルエンザの検査を行ったのですが鼻に突っ込むあれですね。検査を終えてインフルエンザA型ですと診断されました。

体験した症状

処方された薬を飲んでいたのですが、39℃近く上がっていきまさに地獄。布団をかけても寒気は収まらず、一番驚いたのは世界が黄色く見えるんですよね 家の照明が白のLEDのはずが黄色く見えるんですよ。これが一番怖かったです。関節も痛く腰がすごく痛かったのも覚えています。薬を飲んで2日後には熱が7℃くらいに落ち着いてきたのを覚えています。

インフルエンザの予防と対策

予防と対策

インフルエンザにかからないためには予防が必要です。自分でしっかり意識をもって予防や対策をするしか回避する方法はないと思います。

人混みや混雑するところを避ける

これが一番の回避方法かなと思います。人がたくさんいるので、咳やくしゃみをする人の母数も増えているかと思います。

ウィルスをもらわないことも大切ですが、こちらも人混みに行き、移さないようにすることも大切なんじゃないかなと思います。

ウィルスをもらわないことも大切ですが、こちらも人混みに行き、移さないようにすることも大切なんじゃないかなと思います。

うがい手洗いをする

これも小さい頃から言われていることだと思いますが、うがい手洗いはとても大事です。うがいは30秒以上、うがい薬を用いてのうがいを行い、手洗いは30秒以上は泡でしっかり洗うことが大切だと言われています。

部屋の湿度を保つ

空気が乾燥してしまうと喉の粘膜が弱まり、インフルエンザにかかりやすくなるといわれています。乾燥注意報なども出ていることもあるので注意が必要です。僕の場合は加湿器がない環境にいたのでそれも原因なのかなと思っています。

湿度を50~60%に保つとウィルスが繁殖しなくなるとも言われています。

以上が予防と対策になります。あと大事なことは、適度な睡眠とバランスのとれた食事も大切だと思います!

 

インフルになった時に必要な食事やアイテム

インフルになった時に必要な食事やアイテム

日常から必要なものを紹介します。インフルエンザになってからでは遅いです。病気になってから買い物にいくしんどさは本当に大変です。周りの人にうつしてしまうこともあるので、あらかじめ用意しておきましょう。

冷凍うどん

スーパーの冷凍食品で売っている凍った乾麺になります。凍らせておくことで、風邪やインフルエンザになった時に茹でるだけですぐに食べることができます。保存が効くのでお勧めです。

ウィーダーインゼリー

バランス栄養食ですね。食欲がなく食べ物を食べたくないと思いますが栄養を取ることはとても大切です。ゼリーなので飲みやすく栄養をとるのにはおすすめです。

冷えピタ

これもあった方がいいですね。熱を下げてくれます。高熱になるとだるくて、体もしんどいです。あるとないとではかなり変わってくるので、こちらもマストで必要だと思います!

個人的に思うこと

僕もひさしぶりに罹ってしまったのでびっくりしましてこの記事を書きました。同じように苦しむ方が出ないように参考にしていただければと思います。