WordPressはこれで!Local by Flywheelの使い方を教えます!

Local by Flywheel使い方




今回は久しぶりにwebの記事を書いていこうと思います。
最近Swiftに浮気していましたが、今回はwebです。最近wordpress案件が多かったので今更ですがLocal by Flywheelの使い方をお教えしようと思います。

共有URLを作ってクライアントに確認させることもできます。開発用のディレクトリを切ったりドメインを取得することなくクライアントに表示確認もできることができるのです。

今までローカル環境を構築していた方もこれを使えば簡単にwordpressをローカル環境で動かせますよー!

 

WordPressの構築って大変だった

WordPressは使う側としてはとても便利なんです。記事を投稿して、ページを増やしたりヘッダーやフッターなどの共通パーツを編集することでページ全体に変更だできたりと素晴らしいです。

ただ、環境構築に時間がかかります。WindowsとMacでローカル環境の整え方もそれぞれ違うのでまた調べるのも大変!
サーバの知識がないと難しいかなというのもありますが、Local by Flywheelは1クリックでインストールすればすぐに使用が可能になります。

 

Local by Flywheelをぜひオススメしたい

MAMPやZAMPの初期導入と違ってこちらは簡単です。

タイトル
・Local by Flywheelをダウンロードする
・Local by Flywheelをインストールする
・Local by Flywheelでローカル環境の設定をする

この3つだけですぐにローカル環境でWordPressを動かすことができます。
いや、めっちゃ簡単やん!って感じですよね

 

ダウンロード方法

こちら(https://local.getflywheel.com/)からLocal by Flywheelをインストールしましょう。

 

Local by Flywheel

 

Downloadをクリックしましょう。

Local by Flywheel

とモーダルが表示されます。ここでMacかWindowsを選び、任意で名前を入力してメールアドレスとサイトの所有数を入力しましょう。
入力が完了するとダウンロードが始まります。ダウンロードはこれだけになります。

 

インストールしよう

インストーラの保存場所を確認してダブルクリックでインストールしましょう!
ダイアログが表示されステータスが出てくると思います。そのままおとなしく待ちましょー

Local by Flywheel

Welcome Local by Flywheel!と表示されたと思いますがこれはこのままボタンをクリックしてインストールしましょう。
最初の段階で細かい設定をしなくても問題ありません。

Local by Flywheel

パスワードを入力しましょう。

Local by Flywheel
注意
この画面が出たらVirtualBoxのインストールもしましょう。Local by FlywheelはVirtualBoxを使って仮想マシンを立ち上げてマシン内で仮想サーバを稼働させます。VirtualBoxがないとこのようなエラー文が表示されます。

無事この画面が表示されたらインストールは完了です!次は使い方に入っていきましょうー!もうすぐ公開ができるようになります!

 

Local by Flywheelの使い方

無事にインストールができたら画面の左の「+」ボタンを押してください。ここからローカルサイトを増やすことができます。

Local by Flywheel

 

クリックするとこのよう画面に切り替わっていきます。

Local by Flywheel

任意のサイト名を入力しましょう。

Local by Flywheel

この画面にはそのままでContinueをクリックします。PHPのバージョンとMySQLのバージョンの指定もできてしまいます!めっちゃすごいですね!

Local by Flywheel

ここでWordPressのユーザ名とパスワードを設定できます。お問い合わせフォームで使用するメールアドレスの指定もできます。今は仮でdev-email@になっていますが、なんとこちらのメールもLocal by Flywheel内で使用が可能なのです。

 

Local by Flywheel

ADDSITEをクリックしたらこのようなステータスバーがでるので待ちます。

Local by Flywheel

そして作成したWordPressサイトが左側に表示されて総裁な情報がOVERVIEW内に表示されます。

このままADMINを押していただくとWordPressの管理画面にブラウザで表示がされます。

 

複数のWordPressサイトの管理も可能

たったこれだけで簡単にWordPressサイトの管理が簡単にできてしまいます。制作案件で多いのがWordPressサイトの制作かと思いますが、ローカル内で作成をしてLive LinkのURLをクライアントに教えれば共有ができてしまいます!

わざわざ開発位環境を整えなくてもLocal by Flywheelですぐにできてしまいます。web製作者の人にはぜひ使って欲しいと思います。はい。

 

個人的に思うコト

web制作者にとってツールの使いこなしと時短は本当に大事だと思います。

僕の場合はLocal by Flywheelでローカル環境で作成して、作成したもの納品物をAll-in-One WP Migrationでサーバ上にある本番用のWordPressに移行して納品!という方法をとっています。

ローカル環境で作成してLiveLinkで都度クライアントに確認できますし、納品して連絡がなくなった!という問題もカバーできるのではないでしょうか?

WordPress案件で頭を抱えてる人はぜひ使ってみてください!