wordpressでカスタム投稿タイプを追加する

カスタム投稿フィールド




web制作において必要なwordpressですが、今回はwordpressでもっとも必要なカスタム投稿タイプとカスタムフィールドの追加方法をわかりやすくお教えします。
カスタム投稿とカスタムフィールドが編集可能になればwordpressでの開発がもっと身近になると思いますよ!

CPT UIとadvanced Custom Fieldをインストールする

まず、CPT UIとadvanced Custom Fieldをインストールしましょう。

CPT UI
簡単にカスタム投稿を追加してくれるプラグイン。PHPをいじることなく簡単に追加できるようになります。
CPT UIはPHPファイルを編集せずにカスタム投稿を簡単に追加することができます。

[プラグイン→新規追加→Custom Post Type UI]を検索してインストールしてください。

Advanced Custom Field
記事ページにカスタムフィールド を追加することができる。
ブログ記事を自分で編集することなく、項目を追加して誰でも簡単にテンプレート通りに記事が追加できる。
Advanced Custom Fieldはも簡単に追加することができます。

[プラグイン→新規追加→Advanced Custom Field]を検索してインストールしてください。

 

CPT UIの設定

投稿タイプスラッグ、複数形のラベル、単数形のラベルを入力する。
投稿タイプスラッグは投稿対応の名前のため英語で入力、複数形のラベルは管理画面で表示されるメニュー名,単数形のラベルは英語で入力する。

下記の設定は良きに計らって設定する

 

Advanced Custom Fieldの設定

Advanced Custom Fieldは有料、無料のふたつがある

 

Advanced Custom Fieldの使い方

「use table header」の項目でthタグを設置することも可能になります。

 

Table Fieldを追加する

テーブルを追加したのであればTable Fieldを追加する
無料のプラグインでテーブルを表示する項目を追加したいならこのプラグインをインストールする

 

sigle.phpとarchive.phpを複製する

sigle-@@@.phpとarchive-@@@.phpを作成する

ページ内の該当する場所にAdvanced Custom Fieldに指定したフィールド名を入れる.

:参考

<?php
//テキストの表示 スタート
$hoge = get_field(‘text01’); ?>
<?php echo $hoge; ?>

<?php
//テキスとの表示 エンド
?>

個人的に思うコト

今回は個人的な備忘録としてまとめてみました!
(落ち着いたらしっかりまとめて書こうと思います!)