1月の読書記録をつらつらと書いてみる

読書初心者の感想




どうも!あまり更新できていなくて放置してしまいました・・・

忙しくて書けなかった・・と言い訳しないようにしっかり継続していこうと思います。今年に入って目標を3つ決めました。

まず、ひと月必ず本を3冊以上は読む。

を最初の目標に決めました。残りの2つは後日発表したいと思います。すいません。
1年間で最低でも36冊は読もうかなと思っています。結構簡単じゃん!って思うかもしれませんが読書って思いの外集中力や時間を使いますよね。

ただでさえ僕は読むのが遅いので時間がかかるのです。ちなみに速読なんかも導入してみました。最初はなんのこっちゃ?って感じでパパパパ!って読んでいます。今までは小説を読んでいたので今年はジャンルを問わず読んでいこうと思いました。

 

1月の読書記録は?

 

1月は5冊を読みました

 

これは大きな一歩です!今まで1、2冊読んでたのですが5冊も読むことができました(時間があったからかもしれませんが・・)

読んだ本と簡単なレビューをしていこうと思います。

 

1月の読んだ本

 

金閣寺 三島由紀夫

初めての純文学です。金閣寺の美に憑りつかれた学僧が、それに放火するまでの経緯を一人称告白の形で綴ってゆく物語となっています。海外では評価も高く傑作と言われているようでしたが、なんとも難しいです。登場人物の影響もあってか主人公がどんどんダークサイドに堕ちていき、金閣寺に火を放ちます。住職がやなやつだなと

 

最後の恋 MEN’S―つまり、自分史上最高の恋。

なんと珍しく恋愛小説です。結構短編集が好きで、読書初心者だった僕は短編集から入りました。7作品収録されており、いろいろな形の「恋愛の最後」を描いています。キュンとする話、切ない話だったり感動する話、え?どうなったの?と気になるお話も入っています。伊坂幸太郎の話には「黒澤」も登場すします。朝井リョウの話がなんか懐かしく切なかったですね。

 

「好き」を「お金」に変える心理学

メンタリストDaiGoの本になります。好きをお金に変える方法やお金の使い方投資についてが書かれています。ただ貯金をするだけではお金は紙切れだけになる。自分でお金の使い方をしっかり見つけて自己投資をして好きなことでお金を稼ぐフローについて書いています。これはとても勉強になりますし、好きなことを仕事にの方法もかかれて面白かったです。

 

 

ヘンテコノミクス

行動経済学についてのマンガになります。これはおもしろいです。人間の買い物の心理や販売方法を行動経済学的に解説しています。自分もなにげなくそれに基づいて買い物をしててびっくりしました。企業ってちゃんとこうしたことを理解して戦術的に買い物しているんだなと思いました。

 

 

個人的に思うコト

1月は読書に時間が裂けたのでいろいろな本を読むことができました。純文学に挑んだりしましたが、少し難しいなあーという印象でした。マンガでしたが行動経済学についても読むこともできて小説以外にも興味がもてることができました。

しかし小説も気になる作家さんが増えてきたので来月は5冊は読んでみようかなと思います!