散歩で向上心とメンタルケアに繋がる方法をまとめてみた!

散歩で向上心とメンタルケアに繋がる方法!




どうも、お元気ですか?

めちゃくちゃ暑いですね・・この時期に打ち合わせとなると大汗かいてしまうので、なるべく外出は控えたいところです。

 

が!

 

最近は特に外出しまくっております。もう日焼け止め片手に歩いています。

 

散歩です

 

最近ちょっとメンタル的にやられてしまっていた時期でもありまして、どうしたもんかと考えていたのですが、
本を読みまくる&散歩をしてみたんです。

最初は気分が良くなるな・・くらいにしか思わなかったんですけど、あとあと調べたら心理学的にも効果があったのでこれがすんごい個人的に効果があったのでお勧めしようと思います。

 

些細なことからはじまった散歩

それは精神的に参ってたことからはじまります。激重な案件に携わったんですけど、自分が甘かったです。

真夜中に飛んでくる修正対応、終わりの見えない修正対応(直前のデザイン変更)、ページ差し替え、迫る納期・・・

 

こんな生活をしばらくおこなっていて、余裕がなくなっておりました。制作会社にサラリーマンとして生きていた頃と変わらない、
むしろサラリーマンよりひどい状態になっておりました。

まぁ修正回数の制限と納期までのスケジューリングをしかkり行わなかった僕に非があるのですが・・

その案件が終わって落ち着いた時にですね、もうやる気がしなくなったのです。
おいやべーぞこれ・・・となったんですけど、当てはまるのはこの症状でした。

 

バーンアウト症候群

バーンアウト症候群とは

 

いやね、甘えだよ!なんて言われたらはい、ごめんなさい・・。

としか言えないんだけど、どうも自分にはこれが当てはまるんですよ。かなり参ったなと思いました。

うつ状態・意欲の減退・ストレス性の身体症状・感情の枯渇・自己嫌悪・思いやりの喪失など、さまざまな兆候が現われてきます。
機能不全な行動が目立つようになり、出勤が困難になり、家庭生活などに影響が及んだり、希死念慮(死にたいという欲求)が生じる場合もあります。

引用:http://www.a-h-c.jp/article/4958

 

きゅん
上記の事象には当てはまらなかったんですけど僕の場合は気力が完全になくなってしまった!という状態になったのだと思います。

 

!!仕事しないと生きていけない!!

 

というのは念頭にあったんですけど、やる気が起きない。

これは危険信号だ!ということで僕は次の行動に出てみましたー!

 

実際にやってみたこと

 

お酒を飲む

これは効果はいまいちでした。お酒が大好き!という人間でもなかったので、そこまでお酒に溺れてやろうということにもなりませんでした。

 

心理学的には緊張の緩和やコミュ力の上昇、ポジティブになりやすい、性欲の促進

 

といった結果が得られるそうなんですが、個人的には一時の効果でしかないのかな?という印象でした。
ここから継続してやるぞーー!という思いにはなれなかったので、これはパスでした。

 

食べまくる

 

ストレスにはやっぱり食べまくること!と思いましたが、食欲がない時にはそんなに食べられないのが現実なところ

これはさほど効果がなかったです。確かに甘いものは多めに取っていたかなとおもいますが、これはメンタル的にも良くないです。

僕はドーナツとか、コンビニで売ってるような甘いものを多く取ってしまいましたが、添加物や中に含まれている成分でやる気がなくなってしまうことがわかっているのでこれもダメでした。

 

 

海へ行く

 

自分の好きなことである、海にいきました。これは癒されたと思いますね。しかし、アクセスが悪すぎる・・!

都内から海へ行くにも車なり電車なりを使用したとしても1時間以上はかかってしまうのですです・・・
逆にそれがストレスになってしまい、プラマイ0になってしまうなんてことになってしまいました。
ただでさえ人混みが苦手なので、人混みの中から電車に乗り海に行くなんて結構しんどいなと思いました。

これではストレス発散はできませんよね。

 

この時は歩いて3分くらいで海だったので理想的な環境でした。

 

 

きゅん
撮ったやつはとても腕のあるやつだな・・

 

散歩

 

以外にこの方法でした。お金によるコストもかからなく、歩くだけです。

歩くことで有酸素運動をおこない、脳に酸素を送ることで海馬という脳の記憶を司る部分が大きくなっていくのです。

記憶力の増加と運動をすることにより健康でいられる。というメリット盛りだくさんではないでしょうか?

先の方でもう少し詳しくかいていこうと思います!

 

散歩が健康にもメンタル的にもいい理由

僕の場合は駅から家が近いのですが、少し遠回りをして「歩いてみようかな?」と思いました。

普段だったら早く家帰って寝たい・・!なんて思ったこともありましたが、この時はそうは思いませんでした。ただ歩いて歩いて周りの景色とか環境に目や耳を傾けてみました。

 

有酸素運動によるメリット

先ほどの項目でも説明しましたが、散歩は海馬大きくするメリットがあります。有酸素運動をおこなうことで、脳に酸素が行き届き活性化されて脳が大きくなって記憶力上昇に繋がって行くのです。

 

幸せホルモンの増加

まだメリットはあって、朝日を浴びることです。
会社員と違って僕は決められた時間に出社ということがありません。朝はのびのびと散歩をしていました。
ここでもメリットはあります。朝日を浴びることでセロトニンという幸せホルモンが上昇し、集中力や思考能力の向上にもつながります。

一番大きいのはネガティブな感情を和らげてポジティブな考えにしやすくなります。
ストレス軽減につながり、よしやるぞ!という気持ちにさせてくれます。

 

スケジュールや目標の確認時間

自然と僕はこれをやっていて驚いたんですけど、歩きながらスケジュールと人生の目標の確認時間にも充てていました。

海馬の上昇につながり、セロトニンを大きく分泌される時間に運動をして前向きに目標を決めていたのです。

歩きながら、独り言をいいながら(いかついレベル)歩いているのですが、これが記憶の定着がしやすいことが個人的に理解できていました。

そして目標も前向きに考えられるようになっていたのです。

 

たまに前から歩いてくる人に

「ん?」

って顔をされながらすれ違うのですが、僕はそうとうやばいやつに見えたのかもしれません。

 

良くぶつぶつ言っているのがこんな感じです。

「・・B案件はいつまでだから、〇〇しておこう」

「・・・短期目標はこの歳までで、中長期はこれくらいのことをやろうかな?どうだろうか?」

と自分の中でもう一人の自分を作って話をしていました。

 

 

これだけ見るとそうとうやばいやつですね!!!w

 

こいつやばいな・・と思って引かないでください笑

これも心理学的にポジティブな効果があるのです。僕はそれを知らないうちにやっていたので、本当に驚きでした。

 

効果としては、以下になります。

  • 受け入れること
  • 認識する
  • 自分を励ませる

これを行うことで、ネガティブな感情にひっぱられることなく、今の自分を見つめ直すことができます。

誰もいない、自分しかいない状況で自分に問いかける事で、今の自分を認識することでこれからの行動や目標を決めることができます。

 

個人的にやったこととしては

幸せホルモン出しっ放しになりながら、記憶力が拡張して、時間の整理ができる!

まさに散歩は最高なメンタル回復の作業だということになります。
自分のスケジュールの確認と、人生の目標も決めることができます。そういったことって普段中々できることではないし、自分を見つめ直す時間にもってこいだと思います。

これをすることによって個人的には前向きに考えるようになって、いろいろ人生の設計を見つめ直して、
新たな一手を考えております。

皆さんも行き詰まったり、燃え尽きてしまったらぜひぜひ散歩をしてみてください!

それでは〜